すこやか塾 コラム 美ごはん

2017.05.01
5月のおすすめ食材


温かくなってくると注意したいのが、食中毒。今月のメニューは殺菌効果の高いはちみつとからしを使ってお肉を調理しています。
そのほか、大葉やネギ類など味やにおいに刺激のある食材は殺菌効果が高いものが多いのでこれからの季節は活用していきましょう。


5月のおすすめ食材


1.鶏肉
豚肉や牛肉と比べ、高たんぱくでヘルシーな鶏肉。もも肉は柔らかくてジューシーなところが特徴です。血中コレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸が豊富なのもうれしいポイントです。

2.はちみつ
自然界の中で一番甘いといわれているほど糖分の濃度が高く、そのため細菌の繁殖を抑えることが出来るので長期保存が可能な食材です。ミツバチが集めた花の蜜が巣の中で加工されて作られるため、花の旬である春から初夏頃に同じく旬を迎えます。

3.マスタード
マスタードとはからしに酢などを混ぜた調味料で、洋風のからしを指します。日本で使われている和からしと比べ、マイルドな辛さが特徴です。肉類や魚類と一緒に調理することで食中毒の予防にもなりますのでご活用ください。




優れた効果にびっくり! はちみつの効能




はちみつのカロリーは砂糖の約4分の3に対して甘味は約1.5倍にもなるため、お砂糖の代わりとしても使えてダイエットにも心強い食材となってくれます。

主成分であるブドウ糖はすばやく消化吸収されエネルギー源となってくれるため胃腸への負担が少なく、疲れたときや運動中のエネルギー補給に優れています。

また、カルシウムやビタミン類、鉄、カリウムなども含まれているのをご存知ですか?貧血や高血圧の予防などにも効果的な食材です。他にも、優れた保湿効果からはちみつを使った化粧品も多くあり、幅広く利用されています。