すこやか塾 コラム 美ごはん

2017.07.31
8月のおすすめ食材


今月のレシピのカルパッチョは爽やかな風味で食べやすさにこだわりました。
今の季節、ついついアイスばかり・・・なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、
暑いときこそしっかり食べて夏に負けない体づくりをしていきましょう。


8月のおすすめ食材


1.タコ
タコはタウリン豊富な食材の代表格。タウリンには肝臓の働きを助け疲労回復や血圧を正常に保つ効果など、暑い夏で疲れた体をサポートしてくれる働きがあります。また、低カロリーで高たんぱくなのでダイエット中でも嬉しい食材です。

2.わさび
ツンとするわさびの辛味成分(アリルイソチオシアネート)には食欲を促進してくれ、殺菌作用もあるため夏場でも食材を傷みにくくしてくれます。刺激があるので食べ過ぎには注意ですが、適量摂ることで胃腸の働きも活発になりますよ。

3.レモン
酸っぱさの素であるクエン酸は疲労回復や食欲増進効果があるため夏バテの予防・改善に役立ちます。また、豊富に含まれるビタミンCには美肌効果や免疫力向上などの働きがあるため、今の季節は特に摂りたい成分ですね。




夏バテ対策 香味野菜を活用しよう




体がだるい、食欲がない・・・など体に様々な不調をもたらす夏バテ。
夏の暑さに体が対応しきれず起こるので、食欲がないからと言って食べずにいるとどんどん悪化してしまうのが怖いところです。
生活習慣を見直して夏バテ知らずの体を目指しましょう!

夏バテ知らずを作る食事とは?
夏は食べやすいそうめんなどで食事を簡単に済ませがちですが、それだけだとたんぱく質やビタミンなどの栄養素が不足してしまいます。
お豆腐や酢の物などをプラスしてバランスを取ったり、難しい場合はネギやわさびなどの香味野菜と一緒に食べるようにしましょう。他にも、大葉やにんにく、パクチーなど様々な種類がある香味野菜は独特の香りを持ち、お料理のアクセントになってくれて食欲増進にも効果があります。火を通さずに食べることが出来て手軽に使えるのでぜひご活用ください。