すこやか塾 コラム 健康

2018.01.17
免疫力を高める3大ポイントとお勧めの食べ物
免疫力を高める
風邪やインフルエンザが気になる時期になりました。

年末年始の疲れがどっと出てくるこの時期は免疫力が低下しがちです。 寒さも厳しく、ますます空気が乾燥してくる1、2月は、体にウイルスが侵入しやすいですから、 くれぐれも体調管理にはご留意頂き元気にお過ごし下さいね。

そこで今回は、インフルエンザが流行中の今知っておきたい!
免疫力を高め病気に負けない体を作る3大ポイント」と「免疫アップにお勧めの食べ物」をご紹介します。

例え体調が悪くても、仕事や学校はなかなか休めないもの。 無理を押して頑張ったところで、集中できず良い結果が出ないばかりか、 逆に周りに迷惑をかけてしまうかも知れません。

そうした状況を避けるためにも、日ごろから免疫力を高める生活習慣を意識し、 病気に負けない体作りを心がけておくことが何より大切です。

以下に、免疫システムをしっかり働かせる為に日々心がけるべきポイントを挙げてみます。 ご自身の生活と照らし合わせながら、一つ一つチェックしてみてください。


アンチエイジングこそが免疫力を高める鍵


アンチエイジング
私たちの免疫力を左右する大きな要因の1つに「加齢」があります。 人は歳をとるごとに免疫力も低下するためです。 つまり、免疫力を高い状態でキープするためにも、 日々の生活の中でアンチエイジングを心がける意識を持つことがとても大切になります。

では、「体を老化させないためにはどんなことに気を付ければいいのでしょう?」それは…

日ごろからストレスを溜め込まず、こまめに発散すること。
太らないように、食事や運動に気を配り適正体重を維持すること。
十分な睡眠や休息をとること。紫外線を浴びすぎないこと。
飲酒や喫煙はほどほどにする等、基本となる健康的な生活習慣の維持が大事になります。

特に食事では、糖化を引き起こし体を老化させる原因となる、 菓子類や糖質中心の食事をなるべく控えること。 また、体を酸化させ老けさせる、添加物や酸化油の多いファストフード、 スーパーのお惣菜等の加工食品をなるべく避けるとともに、 活性酸素を除去する働きをする「抗酸化作用のある食材」を積極的に取り入れることが有効です。

老化予防に役立つ食べ物


カロテノイド
抗酸化作用のある「老化予防食材」としては、ビタミン、ミネラル、 ポリフェノール類、カロテノイドが豊富なものが挙げられます。

色の濃い緑黄色野菜や、緑茶、コーヒー、赤ワイン、 カカオ、ごま、りんご、ベリー系のフルーツ、海藻類等… これらは若さを保つためにオススメの食材ですので積極的に取り入れてみて下さい。


免疫の要!腸内環境を整える


腸
私たちの免疫細胞の約70%と、そのほとんどが腸に集まっているため、 腸内環境を良好に保つことこそが免疫活性には欠かせません。

そんな腸の働きを司っているのは「自律神経」です。 自律神経が乱れれば、腸の働きも弱まり免疫力は一気に低下してしまいます。 その為、腸内環境を良好な状態に保つためにも、

生活リズムを一定に保つ。定期的に運動習慣し筋力を維持する、 ストレスをためないことなど、 自律神経を正常に保つ為の正しい生活習慣を心がけることが大事になります。

その上で、腸内環境を整える食品をできるだけ意識して摂取して行くと良いでしょう。

腸内環境の改善に役立つ食べ物


ヨーグルト
腸内環境の改善で役立つのが「プロバイオティクス」です。
「プロバイオティクス」とは…腸内環境を整え、 人体に有益な働きをする微生物やそれを含んだ食品のことを言います。

例えば納豆や漬物、味噌や醤油、ヨーグルトと言った「発酵食品」がそうです。 これらを積極的に摂ることが腸内環境改善に役立ちます。

他にも、野菜や海藻類に豊富な「食物繊維」、発酵食品や生の食材に豊富に含まれる「酵素」。
オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」なども腸内環境の改善に有効です。
こまめな水分補給を心がけるにとともにこれらの食品を活用して腸内環境を良好に保ちましょう!


体を温めて免疫力アップ


免疫力を上げる
免疫細胞は体温が脇の下で36.5度以上の時に活発に働くと言われています。 これが35度台などの低体温になると、その働きが弱まり、 一気に抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなります。

つまり、免疫力を高めるためには、体温を高い状態に保つことが大事なのです。

体を冷やさないためにも、冷たい食べ物や飲み物はなるべく控え、 冬は特に防寒対策をして体を冷やさないように注意しましょう。 その上で、冷えた体を素早く温めるためには温かい食べ物を食べるのが1番! スープや鍋料理を積極的に食事に取り入れて体の中から温まると良いですね。

また、体温アップには朝の過ごし方も大切です。
朝起きたらまずはカーテンを開けて朝日をしっかり浴び、朝食をとることからスタートします。
これにより体内時計がリセットされ、体温も上がってやる気アップ!1日元気に過ごすことができますよ。

もちろん、体温を高く保つ為には運動も欠かせません。
特に下半身の筋力を強化することで、全身の血の巡りが良くなり、免疫力アップにつながります。
生活の中でなるべく歩く距離を増やす、なるべく階段を利用するなどして下半身の筋力強化に繋げましょう。

体温UPに役立つ食べ物


体温め野菜イメージ
体温め食材としては、ショウガやニンニク、ねぎ、ジャガイモやダイコンなどの「根菜類」、 コショウやシナモン、唐辛子の「スパイス類」、 お酢や梅干などに含まれる「酢酸」や「クエン酸」がオススメです。

こちらも是非積極的にとり入れて、温活に役立ててくださいね♪


免疫力こそが元気な体を支える影の立役者


風邪やインフルエンザ対策として、手洗いやうがいをして予防することも大切ですが、 何より大切なのは、ウイルスに対抗できる強い免疫力を体に備えておくことではないでしょうか。

風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いはまさにここ!”免疫力の差”にあります。 免疫力こそが私たちの元気な体を支えている影の立役者! と言うことで、免疫力を高める生活習慣を意識し、病気に負けない体作りを目指して行きましょう。