すこやか塾 コラム 健康

2018.05.09
逆に太りやすくなる?糖質制限ダイエットで筋肉が減る理由
糖質制限
糖質(炭水化物)=「太る元」と思われている方は多いですよね?

最近では、糖質制限ダイエットが流行していることもあり、「糖質はボディーメイクの敵!」 「ダイエット中はなるべく避けるべきだ」と思い込んでいる方は少なくないはずです。

でもご存知でしたか?筋肉をつけてボディーメイクを行おうとする場合には、 "糖質を減らしすぎると逆に筋肉が減ってしまう"と言うことを…。

そこで今回は、「糖質制限ダイエットで筋肉が減る理由」についてご紹介します。

かっこいい体になるためにと、必死で好きな糖質メニューを我慢しているとしたら… もしかするとその行為が、逆に筋肉を減らして太りやすい体を作ってしまっているかも知れません。 良かれと思ってした事が、かえってボディーメイクの効率を落としてしまわないためにも!是非最後までお付き合いくださいませ。


糖質制限ダイエット(Low Carb Diet)とは?


糖質の多い食事
まず、糖質制限によって筋肉が減る理由についてお話しする前に、 「糖質制限ダイエット」がどのようなものなのかをおさらいしておきたいと思います。

「糖質制限ダイエット」とは…文字通り、食事から糖質(炭水化物)をなるべくとらないように制限して 体重コントロールを行おうとするダイエット方法のことを言います。

ご飯や麺、パン等の主食を制限することや、果物やスイーツなどの甘いものを控えるのはもちろんのこと、 糖質が含まれるビールや日本酒などのアルコール類も制限の対象になります。

また、にんじんやじゃがいも、かぼちゃ、さつまいもなどの糖質の多い野菜類もなるべく控えて、 その代わりに、それ以外の野菜や海藻類、また肉や魚等のタンパク質をしっかり食べると言うのが 糖質制限ダイエットの基本的な取り組み方となります。


糖質制限ダイエットで筋肉が減る理由


筋トレ
確かに糖質は、血糖値を上げる唯一の栄養素です。糖質をカットすることで血糖値の上昇を抑え、 肥満解消に効果がある為、重度の肥満を解消したい場合や、糖尿病の疑いがある場合には、 それらを解消する目的で実践するのは効果的かと思います。

しかし、筋肉をつけてボディーメイクをする目的においては、極端な糖質制限は行うべきではありません。


糖質は運動時に必要不可欠なエネルギー源


なぜなら糖質は、私たちが生きていくために欠かせない3大栄養素の1つであり、 運動する際に使うエネルギーとして最適且つ大切なエネルギー源であるからです。

筋力トレーニングなど、運動強度が高くなればなるほど、体内で使われる糖質の量も増えます。 糖質制限をしている中で運動した場合、体に十分な量の糖質がないことで、エネルギーはすぐに足りなくなってしまうのです。

その足りないエネルギーはどこから使われるかと言うと、タンパク質を分解して作り出されます。 「タンパク質」つまりは"筋肉を切り崩して足りないエネルギーを作り出す"訳です。

筋肉をつけるために一生懸命トレーニングを行っても、 その側からどんどん筋肉が分解されていく訳ですから、これではとても効率が悪いですよね。

運動時に必要なエネルギーを糖質で補うことは、タンパク質の合成…つまりは筋肉の増強にも不可欠なうえに、 タンパク質の分解抑制効果も期待できると言うことです。 トレーニング時にはタンパク質の補給だけでなく、糖質の補給も大切なのですね。


動物性食品の過剰摂取に繋がる


また、通常私たちが1日に消費するエネルギーの内、およそ半分を糖質がまかなっています。 この分のエネルギーをタンパク質や野菜類から補おうとすれば、 野菜ばかりではエネルギーを補うのは難しい為、相当量のタンパク質を食べる必要が出てきてしまいます。

例えば、これを肉類で補おうとする場合、飽和脂肪酸の過剰摂取によるコレステロール値の上昇などから、 生活習慣病のリスクを高める可能性も出てきてしまいます。


肝臓や腎臓への負担が大きくなる


加えて、食事から摂取したタンパク質からはアンモニアが生み出されますが、これを分解をするのは肝臓です。 タンパク質の合成やアンモニアの分解などでフル回転している肝臓はただでさえ忙しいのにもかかわらず、 糖質が足りない分、筋肉を切り崩してエネルギーに変えるのもまた肝臓の役目ですから、益々肝臓に負担をかけることになります。

負担がかかるのは肝臓だけではありません。 タンパク質がエネルギーとして利用された後には、残りカスである尿素窒素が発生します。 これは腎臓でろ過されますので腎臓にも大きな負担をかけることになってしまいます。


極端な糖質制限にはリスクが伴う


炭水化物
糖質制限ダイエットは、確かに体重が減りやすい魅力的なダイエット法です。 しかし、糖質を極端に制限することで、上記の様な理由から内臓に負担をかけてしまったり、 足りないエネルギーを補う為に、筋肉が切り崩されて使われている事実があることを忘れてはいけません。

もちろん、先にも申し上げた通りで、糖質は血糖値を上昇させる唯一の栄養素であることには変わりありません。 とは言え、糖質の摂取で体重が増えるのは食べ過ぎた場合。

ボディーメイクを行う場合、控えめ程度に制限するだけでもダイエット効果は見込めますので、 糖質は極端に制限なさらないよう十分お気をつけ頂いたうえで、安全に取り組まれて下さいませ。