風邪予防に!お勧め免疫UP食材で冬を元気に | ISDG 医食同源ドットコム [公式通販]

すこやか塾 コラム 健康

2019.02.21
風邪予防に!お勧め免疫UP食材で冬を元気に
風邪予防食材
寒い時期はどうしても身体が冷える為、免疫力の低下を招きやすくなります。
外気も乾燥して粘膜のバリア機能が弱まることで、風邪などのウィルスも侵入しやすくなりますので、 うがい手洗いを徹底すると共に、いつも以上に体を冷やさないよう気を付けたいところです。

風邪で喉や鼻に炎症が起きると、食事も楽しめないし、 体がだるくて何をするにも辛いですよね。 楽しみだった予定もキャンセルになってしまうと悲しいですし… 出来れば風邪とは無縁に寒い冬もハツラツと過ごしたいものです。

そうした私たちの健康を日々守ってくれているのが免疫細胞です。
免疫細胞が常に体のあちこちでパトロールし、 病原菌やウィルスをブロックしてくれているからこそ元気でいられます。

しかし、そんな免疫細胞も、寝不足やストレス、食生活の乱れなど様々な影響で力が弱まることも…。
だからこそ、風邪などのウィルスに強い体を維持するためにも、 日頃から免疫力を高める習慣を意識しておくことが大事です。

「たかが風邪」と安易に考えてしまう方も多いですが、 免疫力の低下は風邪だけでなく、時に肌荒れや口内炎といった軽い症状から、 心臓病や癌などの重篤な病気を招く恐れもある為注意が必要です。

そこで今回は、体調を崩しがちなこの時期に取り入れたい「免疫力アップにお勧めの食べ物」の中から、 特に”風邪予防にお勧めの食材”をご紹介します。

「風邪で辛くても仕事や学校、家事育児を休めない」
「風邪をひくと毎回長引いてしまう」

などなど、風邪でお悩みの場合はもちろん、 免疫力を高め重篤な病気を予防する意味でも是非参考にしてください。


風邪は万病の元!日々の健康習慣で強い体を維持しよう


「風邪は万病のもと」と言われるように、 免疫力の低下は風邪だけでなく様々な病気を招く原因にもなります。 「たかが風邪」と放置せず、風邪に負けない強い体作りを日頃から心掛けてくださいね。

以下ではそんな強い体を維持する為にお勧めの食材をご紹介します。 是非、日々の健康作りにお役立て下さい。


免疫アップにお勧めの食ベ物とは?


冷えを予防・改善する食べ物


温活食材
風邪に負けない強い体を維持する為には「体を冷やさないこと」が大事です。

免疫細胞がもっとも活性化するのは、 脇の下で測る体温で”36度5分以上”とされています。 これが35度台などの低体温になると、その働きが弱まり、 一気に抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなりますので、 まずは体温を高い状態で保つことが健康を維持するうえでとても大切です。

また、体温が低くなると血の巡りも悪くなり、 代謝が落ちて肥満や糖尿病、肌荒れなどのリスクも高まりますから、 ダイエットや美容の観点から言っても「冷えは大敵」と言えます。

更には、がん細胞もまた低体温の状態を好みますので、 体温が低下して良いことは一つもありません。
温活食材を積極的に取り入れて冷えを予防しましょう!


≪冷え予防にお勧めの食ベ物≫

冷え予防にお勧めの食ベ物としては…

ショウガやニンニク、ねぎ、ジャガイモやダイコンなどの「根菜類」、
コショウやシナモン、唐辛子の「スパイス類」、
お酢や梅干などに含まれる「酢酸」や「クエン酸」がお勧めです。

これらは、体を温める効果や代謝促進の効果が見込めますので、 寒い時期には特に積極的に摂ることを心がけましょう。


粘膜の強化に役立つ食ベ物


カロテノイド
鼻や喉の粘膜の働きが低下するとウイルスが侵入しやすくなる為、 風邪予防には粘膜を強化する食品を積極的にとることをお勧めします。


≪粘膜の強化に役立つ食べ物≫

粘膜の強化に役立つ栄養としては、 「ビタミンB2」、「ビタミンB6」、「カロテノイド」が有効です。
にんじんやトマト、ブロッコリー、ほうれん草やかぼちゃ、シソなどに豊富に含まれていますので、 これらも意識して摂取しましょう。


腸内環境を整える食べ物


ヨーグルト
そして、粘膜の強化の意味でも、また体全体の免疫力UPの意味でも共通して言えることは、 やはり「腸内環境を整える」ことが何より大事になります。

免疫細胞のおよそ70%とそのほとんどが腸内に集まっている為、 腸内環境を良好な状態で保つことは、免疫を語る上では絶対に外すことはできません。
”腸内環境の良し悪しがそのまま免疫力の高さに直結する”と言っても過言ではありませんので、 腸活食材はできるだけ毎食意識して摂取していきたいです。


≪腸内環境を整える食べ物≫

腸内環境を整えるためのお勧め食材としては…

納豆や漬物、味噌や醤油、ヨーグルトと言った「発酵食品」、
野菜や海藻類、豆類、玄米やもち麦などに豊富な「食物繊維」、
発酵食品や生の食材に豊富に含まれる「乳酸菌」や「酵素」、
オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」などがあります。

腸内フローラは日々刻々と変化しています。 病気に負けない強い体を作る為にも、 これらの食品はできるだけ毎食意識して摂り入れ良好な腸内環境を保ちましょう。

食生活を正し、腸内環境が整うことで、 風邪をひきにくくなるばかりか美肌やダイエットにも良い効果が得られるはずですよ♪


日々の食事から免疫力を高めよう


さて、風邪予防にお勧めの食材を3つのカテゴリーに分けてご紹介しました。

寒さやストレス等、ちょっとしたことで影響を受けてしまう免疫細胞ですが、 それだけに日々の食事のちょっとした心がけで元気にしてあげることも可能です。

まだまだ寒い日が続き風邪のピークは続きます。 是非日々の食事から免疫力を高める意識を持ち、 風邪に負けない強い体で、寒い季節を元気に乗り切りましょう。