すこやか塾 コラム 美容

2018.11.01
シワやくすみ…肌トラブルが増える「秋」に美肌を守るために
秋の肌
も深まり、本格的な「乾燥の季節」がやって参りました。

乾燥は”肌トラブル”を引き起こす大きな要因になりますが…最近お肌の調子はいかがでしょうか?

秋は、夏にたっぷりと浴びた紫外線によるダメージの影響により、シミやそばかす、シワやくすみなどが出やすい時期です。 それに加え、空気が乾燥することや、気温の低下で肌の血流が滞ることでも、肌トラブルを起こしやすくなっています。

これからどんどん気温が下がり、外気の乾燥が進むにつれ肌荒れのリスクも上がることが予想されます。 乾燥するこれからの時期に美肌を守る為に、私たちはどの様なことに気をつけて生活すれば良いのでしょうか?

そこで今回は、”秋は肌荒れの季節”と言うことで、 「お肌を乾燥から守り、美肌を保つ為に大切なこと」についてご紹介します。

「秋になり、乾燥による肌トラブルが増えきた」
「最近口元がカサついていて気になる」
「秋になってシミやくすみが目立つようになった」
などなど、秋ならではの肌トラブルでお悩みの場合は参考になるかと思います。 是非最後までお付き合い下さいませ。


秋に肌荒れが起きる一番の原因とは?


kannsou
秋の肌荒れの一番の原因は”乾燥”によるものです。
皮膚は乾燥した空気に晒されると表面から徐々に水分が奪われていき、肌のバリア機能が低下してしまいます。
その結果ダメージを受けやすくなり、ニキビやシワ、 カサつきやくすみなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

また肌の水分量が足りない状態が続けば、 肌の生まれ変わりのサイクルである「ターンオーバー」にも悪影響を与えます。 ターンオーバーがうまく機能しないことで、ダメージの修復が正常に行われなくなり、 夏の間に蓄積されたダメージの修復が追い付かなくなることも、秋に肌が荒れる大きな原因です。

肌の状態が悪い状況が続けば、傷付いた肌を早く入れ替えようと細胞が働きます。 この結果ターンオーバーが正常よりも早まり、未熟な細胞がどんどん生み出されることになり、 ますます肌荒れを起こしやすい状態にもなることも!

この様な悪循環を生まない為にも、お肌の潤いを守ることが何より大切です。


外気が乾燥する秋に肌を乾燥させないために


化粧品2
外気が乾燥する秋に肌を乾燥させないためには… 保湿力の高い化粧品を使用することや、 外出先でもこまめな保湿を心がけ常に肌を潤わせておくこと。 室内では加湿器を効果的に利用する、あえて洗濯物を室内干しにするなどして、 出来るだけ空気を乾燥させない様にする心掛けが大事になります。

また、そうした化粧品の効果を最大限に生かすためにも、 それぞれの化粧品ごとの正しい使用方法を守ることが非常に大事! 節約の気持ちから、少量を延ばして使用するなど、自己流のケアでは十分な効果は見込めません。

せっかくの良い化粧品を宝の持ち腐れにしてしまわぬよう、 保湿化粧品は適量を肌全体に行き渡るように、隅々までムラなく丁寧に塗り広げることを心がけて使用しましょう。


秋の”枯れ肌”を作る原因と対策


紫外線対策・生活習慣の改善


また、肌が乾燥する原因として、外気の影響以外にも、 紫外線の影響や睡眠不足、 ストレスや食事の栄養バランスの乱れなども影響する為、 やはり、健康的な生活習慣を維持することこそが、肌を守る為の大前提になることは忘れてはいけません。

中でも紫外線が肌への脅威になることは十分にご理解されていると思います。 しかし、気温が低いと紫外線も少ない様に思われ、対策を怠る方は多いものです。
肌の奥深くにダメージを与える紫外線A波は、年中降り注いでいて、 雲や窓ガラスも突き抜けて肌に届く為、秋冬でも紫外線ケアはしっかり行うことが大事ですよ!


血行促進を心掛ける


運動
更には、気温が下がることで血行が悪くなることも、秋の肌荒れの原因になります。 その為、適度な運動習慣を取り入れることや、湯船にゆっくり浸かって血流アップを図ること、 また血行促進のためのマッサージを取り入れるなども、肌荒れ予防としては効果的です。

寒くなると外に出るのがだんだん億劫になりますが、 基礎代謝を上げ、美肌を維持するためには運動習慣の継続がとても大事です。 寒くて血流が悪化しやすい時期こそ、どんどん外に出て体を動かす様に心がけてみてください。


栄養バランスを整える


美肌のビタミン
そして食事では、「美肌のビタミン」と言われるビタミンA、C、Eや、 肌を作るタンパク質を中心に、内面からのアプローチを心がけると、 シミやシワ、くすみと言った秋に出やすい肌トラブルを軽減してくれますよ。

美肌に役立つ栄養には以下のようなものがあります。
体は私達が食べた物で出来ていますので、これらを積極的に摂り美肌作りに役立てましょう。

【 ビタミンA 】人参、ほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜に豊富
【 ビタミンC 】みかん、いちご、白菜、大根、かぶ
【 ビタミンE 】アーモンド、ごま、くるみなどのナッツ類に豊富
【 たんぱく質 】肉や魚、たまご、大豆製品
【 硫化アリル 】ネギやニラなど
【 不飽和脂肪酸 】サバ、イワシ、サンマなどの青魚に豊富


内からと外から両方のケアで美肌を維持しよう


さて、秋に肌荒れが起きやすい原因や対処法についてご紹介して参りましたが、いかがでしたでしたか?
肌荒れを起こしやすい秋に美肌を保つためには、 内からと外からの両方のケアが大切になることがご理解いただけましたね!

と言うことで、保湿力の高い化粧品や加湿器を効果的に利用する事はもちろん!
適度な運動や十分な睡眠、日々の食事から十分な栄養補給を心がけ、 肌トラブルとは無縁の快適な秋をお過ごしくださいませ。