弱った胃を労わる「胃に優しい食べ物」の選び方 | ISDG 医食同源ドットコム [公式通販]

すこやか塾 コラム 健康

2019.01.16
弱った胃を労わる「胃に優しい食べ物」の選び方
胃痛
年末年始が終わり今度は新年会シーズン。
そろそろ胃腸がお疲れではないですか?

胃痛に胸焼け、ニキビや口内炎など、胃の不調は様々な形で表れ、警鐘を鳴らします。
そうした”体からのサイン”を放っておけばさらなる不調を招き、 症状が慢性化する場合もある為、少しでも不調を感じたら早めに対処する事が大切ですよ!

胃が弱った時には、直接影響を与える”食事”を見直すことがとても大事。
そこで今回は、胃が不調の時に取り入れたい 「胃に優しい食べ物」「胃が不調の時に避けるべき食べ物」をご紹介します。


胃に優しい食事のポイントとは?


胃に優しい食べ物
胃が不調の時はどんな物を食べたら良いのか?悩むこともありますよね。
そんな時には胃の負担をなるべく軽減するために、「消化に良い食べ物」や「胃への刺激が少ない物」を選ぶこと。 そして「胃に優しい調理法」を心掛けましょう。

胃に優しい食事のポイントとしては、以下の5つのポイントを押さえておくと良いですよ。


1:消化に良い食べ物を選ぶ


胃が不調の時には、胃への負担をなるべく軽減するために、消化の良い食べ物を食すようにしましょう。

食材は生のまま食べるよりも、火を通した方が消化が良くなります。
また、よく茹でるなどして柔らかく調理したものが適しています。

例えば普通のご飯や冷えたおにぎりなどよりも、お粥や雑炊が消化が良くてオススメです。
また冷たいものは胃腸の働きを弱める為、サラダよりも温野菜やスープがオススメ。
麺類でも、冷えたものではなく、柔らかく茹でた温かいうどんやそうめんが胃への負担が少なくなります。


2:脂肪の多い食事を控える


また、揚げ物や炒め物、脂肪分たっぷりのお肉やお魚、 クリームたっぷりのスイーツなどの脂の多いメニューは消化に時間がかかり胃を疲弊させます。

脂身の多いお肉は脂の部分を取り除いたり、調理法も揚げ物や炒め物を控え、 蒸す、煮るなどの調理を心がけるなどして、なるべく脂の量を調節しましょう。


3:食物繊維の多い食事を控える


本来「食物繊維」は健康に欠かせない栄養素ですが、胃が不調の場合は控えめにした方が無難です。
食物繊維は体に吸収できないため、長く胃にとどまり消化に負担をかけるからです。

食物繊維が豊富なものだと、ごぼうやサツマイモ、たけのこ、キノコ類や海藻類などが挙げられます。 こうした食品は胃が不調の際には控えるか、細かく刻んで使用したり、 茹でて柔らかくして食べるなどの工夫をして食べましょう。


4:薄味を心掛け刺激物は避ける


胃に優しい調理の味付けはシンプルが基本です。
しょっぱいものや辛いもの、酸っぱいものや甘すぎるものなどは、胃に刺激を与え胃を荒らす原因になる為、 不調がある間はなるべく控え薄味を心掛けましょう。

健康やダイエットの為にと、普段食卓で香辛料やお酢を利用している方もいらっしゃるかと思いますが、 胃の刺激となるものはこの時期避けるのがベターです。
胃が不調の間はこれらの使用を控え、まずは胃を労わる食事を優先してくださいね。


5:刺激の強い飲み物に注意


同時に、冷たいものや熱すぎる飲み物。 アルコールやカフェイン飲料、炭酸飲料などの刺激の強い飲み物も胃が不調の際は控えましょう。

どうしてもお茶やコーヒーが飲みたい場合は、カフェインレスのものを選ぶ。 アルコールを飲む場合には、水やお湯で割って飲むなどして刺激を減らしましょう。


胃に優しい食べ物


胃に優しい(消化の良い)食べ物としては以下がオススメです。

【主食】


おかゆ、うどん、そうめん、雑炊
胃に優しい食べ物

【タンパク質】


鳥ささみ、鶏胸肉、牛豚のヒレ肉などの脂の少ない部位のお肉、
脂肪の少ない白身魚(タラ、カレイなど)、はんぺん、
豆腐、納豆、
卵(火を通したもの)
ササミ肉

【野菜・果物】


葉野菜の葉先の部分(ホウレンソウなど)や人参、ジャガイモ、カブ、大根、
りんご、バナナ
大根おろし

【おやつ・その他】


ヨーグルト、白湯
ヨーグルト


腸内環境の悪化が胃の不調の原因にも!


ちなみに胃の不調は腸内環境の悪化から起こっている場合もあります。
腸に便が滞り、ガスが発生することで胃を圧迫して痛みを発するのです。

腸内環境を整えるためには発酵食品がお勧め。 中でもヨーグルトは消化も良く、胃や腸の健康を促進する働きもある為、積極的に活用したいお勧め食材の一つです。


胃の不調を早く回復させるために


また、食品選びやメニューも大事ですが、ゆっくりよく噛んで食べることや、 食べ過ぎたり飲み過ぎたりせず腹八分目で抑えることなども、胃の調子を整えるためには大事な要素となります。

しっかり睡眠をとる、生活リズムを整えるなども併せ、 食事を中心にあらゆる角度から胃の調子をサポートしてあげましょう。


胃に優しい食事で早めの回復を図ろう


新年会シーズンの今、年末から続く暴飲暴食により、胃の不調を訴える人が増加します。

胃痛や胸焼けなどで食欲がない場合は、無理に食事をせず胃を休ませることももちろん大事です…
しかし、食べないままという訳にもいきませんよね。

食事を抜いたり、お粥ばかりといった食べ方では栄養バランスが崩れ、 逆に胃の回復が遅れ症状が長引く場合もあります。

胃は消化の要。不調を長引かせると、生活に支障をきたす場合もありますので、 是非、上記でご紹介した胃に優しい食べ物や調理を参考にして頂き、早めの回復を心掛けましょう!