運動はなぜすべきなのか?運動の意味と重要性 | ISDG 医食同源ドットコム [公式通販]

すこやか塾 コラム 健康

2019.09.18
運動はなぜすべきなのか?運動の意味と重要性
運動する意味
運動に対し、辛い、面倒、結果が出にくいなど…マイナスなイメージをお持ちの方は多いですよね。
加えて、暑い、寒い、時間がない、雨だからなど運動をしない理由を探せばいくらでも見つかることから、 運動を習慣にしようとしてもなかなか続かないのが現状ではないでしょうか?

実際に、平成29年度の国民健康・栄養調査では、 日ごろ運動習慣がある人は、男性で 35.9%、女性で 28.6%と少ないことも分かっています。

では、どうしたらそんな運動を習慣にすることができるのでしょう?

運動をしっかり習慣化する第一歩は、 まず、運動を継続する事の意味や重要性を知る事ではないでしょうか。

そこで今回は【運動はなぜすべきなのか?運動の意味と重要性】をご紹介します。

スポーツの秋到来! 運動することの重要性を知れば、体を動かすのが楽しくなり習慣にもしやすいはずです。 是非ご覧いただき、毎日の健康づくりにお役立てくださいませ。


なぜ運動はすべきなのか?


運動の重要性
なぜ運動習慣を身に付けるべきなのでしょう?

体のために運動した方が良いことはなんとなく分かってはいても、 運動すべき理由をしっかり理解されている方は少ないのではないかと思います。

以下では運動を継続することの重要性やその効果をご紹介します。


運動の効果と重要性


運動する女性

肥満の予防


世の中が便利になるに連れ、運動する機会はどんどん失われています。
農作業や狩りに行かなくてもスーパーやコンビニなどで食料がいつでも手に入り、 移動は車や電車。家事は全自動の電化製品がやってくれるなど、 もはや運動は日常ではなく、意識して行うものになってしまいました。

慢性的な運動不足で懸念されるのが肥満リスクの上昇です。
食事から摂取したエネルギー量と、運動により消費するエネルギー量の収支バランスが崩れ、 エネルギーが余った分は脂肪として体に蓄積されてしまいます。

こうした状況が慢性化すれば肥満になるのは必至。
消費エネルギーを増やして肥満を防ぐためにも運動をする必要があります。

また筋力トレーニング等を行って筋肉量が増えると基礎代謝のアップに繋がります。
代謝がアップし、食べても太りにくい巡りの良い体質を維持することができます。


生活習慣病の予防


運動不足で肥満になると、糖尿病や高血圧、脂質異常(血中のコレステロールや中性脂肪が非常に高い状態)、 動脈硬化や心臓病といった生活習慣病のリスクを高めます。
運動によって肥満を予防することは、こうした生活習慣病の予防にも繋がるのです。


体力・筋力の維持強化


病気で何日も寝込んだり、怪我をして動けなくなったりした後に、 体力の衰えを感じた経験がある方は多いと思います。
この様に、筋肉は使わなければ短期間でも急激に衰えて行き、同時に体力の低下を招きます。

立ったり歩いたり、階段を上る、ものを動かすなど、日常生活を不備なく送るためには筋力が必要です。
運動を継続し筋力を維持強化することは、体力を保つ為に不可欠なのです。


ロコモ・骨粗しょう症予防


関節や骨、筋肉など”運動に関わる器官”のことを「運動器」と言います。 この運動器が老化や運動不足、また障害などによって機能が低下した状態を 「ロコモティブ・シンドローム」(ロコモ)と呼びますが、 運動で筋力を強化しておくことでこれを予防することができます。

また、運動して筋肉を鍛える事は、骨を強化し、骨粗しょう症を予防する働きもあります。
運動の継続は、将来寝たきりや要介護になるリスクを減らすことができるのです。


肩こり・腰痛予防


パソコンやスマホなどの長時間使用は目や肩、腰に負担をかけ、肩こりや腰痛の原因となります。
これは長時間同じ姿勢をとることで乳酸が蓄積し、筋肉が凝り固まることで起きます。
定期的に運動する事は、血流を促進させ肩こりや腰痛の予防に繋がります。


美しい姿勢とスタイルの維持


筋肉は美しい姿勢やスタイルを保つためのコルセット的な役割も担っています。
運動不足で筋力が衰えることで、きれいな姿勢を保てなくなり、 骨格の歪みやスタイルの悪化など見た目を悪くする原因になります。

バランスのとれた若々しいスタイルを維持するためにも、 運動の継続により筋力を維持することが必要不可欠です。


冷え性予防・美肌作り


多くの女性が悩まされている冷え性。
冷え性の主な原因に、運動不足による筋肉量の減少や血流の悪化があります。
運動の継続は、衰えた筋力を強化し、末端まで血流を促すことで冷えを予防します。

また、血液の巡りが良くなることで肌の細胞の隅々にまで必要な栄養が届きやすくなります。
肌のターンオーバーも促され美肌にも繋がります。


精神の安定


運動すると気分がスッキリしたり高揚感を感じることがあると思います。
これは運動によってドーパミンの分泌が盛んになることや、 幸福ホルモンであるセロトニンが活性化されるために起こることで、 運動の継続は心の安定にも良い影響を与えるのです。

人間関係の悩みや仕事の悩みなど、 ストレスを感じたときなどは積極的に運動を行ってリフレッシュするのがお勧めです。


運動を習慣にして心身の健康を維持しよう


このように、運動する事はダイエットなどの目的だけでなく、心身の健康に大きく影響しています。
運動することの重要性が分かると、運動に取り組む姿勢やモチベーションも違ってきますよね♪

運動を習慣にするためにジムに通う必要などは全くありません。 むしろ週に1回のジム通いよりも、日常生活の中でこまめに体を動かす方が効果的と言うデータもあります。

運動は、徐々にステップアップさせていくのが長く継続させ効果を得るコツ! これまで運動が習慣になかった方は、日常の中で歩く距離を増やしてみたり、 ながら運動を取り入れるなど、まずは無理のないところから始めてみるのがお勧めです。

気温が下がり、運動に取り組みやすいシーズンになりました。
これまで運動習慣が無かった方、夏の間さぼってしまっていた方にはちょうどいい季節ですので、 是非この機会に運動に真剣に取り組まれてみてはいかがでしょうか?