すこやか塾 コラム

2017.02.16
寒い冬をホットに過ごす【冷え性改善お手軽エクササイズ】
冷え
いくら温かい食べ物を口にしても、いくら熱いお湯を張った湯船に浸かっても、
数分も経てばすぐさま体が冷えてきてしまう「冷え性さん」は多いですが…

そもそも何故、体が冷えやすい人と冷えにくい人がいるのでしょうか?

そうした冷え性さんにとっては、今が一番辛い季節ですね。
そこで今回は「体が冷えやすい人と冷えにくい人の違い」についてご紹介します。
冷え改善に効果的なエクササイズもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合い下さいませ。


体が冷えやすい人と冷えにくい人の違い


冷え性は女性に特に多いです。
また、歳とともに冷えの度合いが酷くなると実感されている方も少なくありません。

しかしその一方で、冷えとは無縁の人もいます。
一体、体が冷えやすい人とそうでない人では何が違うのでしょうか?

その一つの理由として、「筋肉量の違い」が挙げられます。
筋肉は熱を生み出しますから、その筋肉量が多いか少ないかで、 体が冷えやすいかどうかも変わってくるのです。
男性は女性よりも、ホルモンの関係で筋肉が付きやすくなっています。 女性に特に冷え性が多いのも、こうした理由があるからです。

また大人になってからの筋肉は、 運動などをしていなかった場合には、年に1%ずつ減っていくと言われています。 年と共に冷え性が悪化するのも筋肉の減少が影響しているのですね。


冷え性を根本から解消する為に


kennkou
体を冷やさないために、防寒対策をしたり、温かいお風呂に浸かるなどして、 体を温める事はもちろん大事なことですが、これらは根本の改善にはなりません。
根本から冷えを改善するためには、外からではなく、 体の中の"熱を生み出す力"を高めてあげる必要があります!

その為にも、ある程度は筋肉をつけ、 そして歳とともに衰えてしまう筋肉をなるべく減らさないよう、 運動を継続し、筋肉を維持することが重要ですよ。

そして、筋肉が生み出す「熱」を全身に運ぶのは「血液」の役割となります。 ですので、ある程度筋肉はあっても、 姿勢が悪い・同じ姿勢でいる時間が長い・コリがある など、 血行不良になるとこでも、冷えの原因になるのでこの点にもお気をつけくださいね。


血液を全身にくまなく運ぶ為に


そんな血液を全身にくまなく運ぶためには何が大事だと思いますか?

実は…ここでも!筋肉が大事になります。
なぜならば、筋肉は全身に血液を運ぶポンプの働きをしているからです。
そのため、筋肉を強化し、筋肉を動かしてあげる事が、 血流の改善、そして冷え性の改善に繋がるのですね。
血液を全身に送るのは心臓だけの役割ではありません。 筋肉もまたそうした役割を担っていたのです。


「第二の心臓」の強化が冷え性改善に繋がる


hukurahagi
そんな陰の立役者でもある筋肉ですが、数ある筋肉の中でも、 「第二の心臓」と呼ばれる部位があることをご存知でしょうか?

実は「ふくらはぎ」がこれにあたるのですが、 特にふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と言う名の通り、血流促進に重要な役目を果たしています。
心臓から遠く離れた下半身の血流はただでさえ滞りやすいのですが、 その滞りがちな血流を一気に押し上げる、その大事なポンプの役割を果たすのです。

つまり、冷え性の改善にはふくらはぎを鍛えてあげることが効果的ですので、 冷えに悩まれていた場合には、特にふくらはぎを意識して鍛えてみてくださいませ。


ふくらはぎを鍛えるお手軽エクササイズ


ふくらはぎの筋肉を強化するためには、特別なトレーニングをする必要はありません。

通勤通学時の信号待ち、電車のホーム、電車のつり革につかまりながら等、 つま先立ちをゆっくり繰り返すだけでも効果があります。

また、通常歩く際に、地面を蹴る力を強めるだけでもふくらはぎは鍛えられますよ!

他にもテレビを見ながら、仕事中だって、

座りながら、つま先を床につけた状態でかかとをぎゅっと限界まで浮かせる。
今度は逆にかかとを地面につけた状態でつま先だけをぎゅっと上に上げる。
これを交互に繰り返すだけでもふくらはぎに効いてくるのが実感できると思いますし、

ソファやベットに寝転び足を伸ばした状態で、 つま先で円を描くように足首をぐるぐる回しても良いでしょう。

こうしたエクササイズは、簡単な上に場所も選ばず、いつでも実践できるはずですので、 是非今からでも意識的に取り入れてみてくださいね♪

*尚、どんなに生活習慣を改善しても冷えが一向に良くならない場合… 甲状腺機能の低下などの原因も考えられるため、そういった場合には、 一度病院で診てもらうことをお勧めいたします。


寒い時こそ!体の中から熱を生み出す意識を


まだまだ厳しい寒さは続きます。
寒いからと動かないでいれば、筋肉は衰え、血流は悪化し、 ますます冷え性はひどくなることが容易に想像できるかと思います。
冷えれば冷えるほど、基礎代謝も下がり太りやすくもなりますし、 ウィルス等と戦う力も弱まってしまいますので、 そうならないためにもぜひ!冷え性の疑いがあれば、すぐにでも改善に努めてみてくださいね。