ダイエットの意外な落とし穴「太る調味料(糖質の多い)」に注意 | ISDG 医食同源ドットコム [公式通販]

すこやか塾 コラム ダイエット

2019.02.13
ダイエットの意外な落とし穴「太る調味料(糖質の多い)」に注意
太る調味料
料理に様々な味のバリエーションを与えてくれる「調味料」。

調味料と言えば気になるのは"塩分"かと思いますが、 意外と"糖分"もたっぷりな物が多いことをご存知でしょうか?

ダイエットや健康を考え、糖質を控えた食事を意識されている方は多いと思います。
糖質の取りすぎは血糖値の急上昇に繋がり、 肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因となるため、 糖質コントロールは今や健康の基本として定着しつつありますよね!

でも、せっかく糖質の少ない食材を選んだり甘いスイーツを我慢しても、 調味料の種類や使い方次第では、糖分を自ら積み上げてしまうこともあります。

普段何気なく加えていた調味料が、実はダイエットを阻む盲点になっている可能性もありますので、 食材選びとともに、調味料の使い方にも気を遣ってみてほしいと思います。

そこで今回は、ダイエットの意外な落とし穴となる調味料について、 【糖質の多い太りやすい調味料】【ダイエット中でも安心の糖質の少ない調味料】 をそれぞれご紹介します。

是非、健康でスリムな食事習慣にお役立て下さいませ。


糖質の多い調味料に気を付けよう


糖質の多い太る調味料
糖質コントロールの為に炭水化物や甘いものを制限している場合でも、 調味料に含まれる糖分に関しては見落としているケースが多いものです。

食材そのものの糖質をカットしても、 最後の仕上げで糖質をプラスしてしまったらせっかくの努力も台無しですよね。

そんなもったいないことにならない為にも、 どんな調味料に気をつけるべきなのかをチェックしておきましょう。


糖質の多い太りやすい調味料


ケチャップ
・砂糖
・ジャム
・ハチミツ
・みりん
・すし酢
・白味噌などの甘い味噌
・焼肉のたれ
・コチュジャン
・甜麺醤(テンメンジャン)
・ごまだれ
・顆粒だし
・顆粒、固形コンソメ
・カレールー
・シチュールー
・ケチャップ
・ソース
・ドレッシング
・粒マスタード
・スイートチリソースなど

砂糖はもちろんのこと、パンにつけるジャム、 煮物に使うみりんなど、甘味の強いものは分かりやすいですよね。

でも、すし酢や白味噌、顆粒だしにも糖質が多いことはご存知でない方も多いのではないでしょうか?

ダイエットでは野菜スープを活用する方も多いかと思いますが、 顆粒だしを使用していれば、スープと共にその糖分も飲み干すことになってしまいます。 一見ヘルシーなスープも意外な盲点になるのでので気をつけたいところです。

またケチャップやソースは糖質が多い上に、 料理に大量に使うケースが多いので危険な調味料と言えます。

例えば、オムライスやナポリタン、お好み焼きやソース焼きそば、 コロッケなどの揚げ物にかけるなど、 糖質主体の食事に更に糖質をたっぷり加えることになるので、こうした料理は要注意です。

意外なダイエットの落とし穴となりやすいのがドレッシングです。
特にノンオイルドレッシングは、カロリーが抑えられて一見ヘルシーに思えますが、 油が含まれない分コクを出して美味しくするために、大量の糖分が含まれていることも!

スープと同様に、「野菜ばかり食べているのにどうして体重が減らないの?」と言う場合、 もしかするとその原因はドレッシングにあるかも知れません。 ドレッシングを購入する際は、成分表をよく確認して糖分の少ないものを選ぶようにしましょう。

または、塩胡椒にオリーブオイル、お酢を混ぜた手作りドレッシングを自作しましょう。
自家製ならば糖質も少なく、余計な添加物も含まれないのでダイエット中でも安心です!
味噌を加えたりマヨネーズでアレンジする、 生姜やにんにくを加えるなどバリエーションも無限大ですので是非作ってみてください。

それから、砂糖が含まれていそうも無いカレールーにも、実は糖質がたっぷりです。
砂糖は含まれないものの、とろみを出すために小麦粉が多く使われているからです。

ダイエット中にどうしてもカレーが食べたい場合は、 小麦粉を使わないスープカレーを選んだり、 カレー粉だけでドライカレー風に調理するなどして、糖質の大量摂取を防ぎましょう。


逆にダイエット中も使える糖質が少ない調味料には以下のようなものがあります。


ダイエット中でも安心の糖質の少ない調味料


糖質の少ない調味料
・塩
・醤油
・味噌
・油
・酢
・料理酒
・ポン酢
・練りワサビ
・からし
・ゆず胡椒
・練り生姜
・豆板醤
・マヨネーズ
・バター
・カツオや昆布など自然の食材からとっただし
・カレー粉、唐辛子などの香辛料
・ハーブなど

ダイエットではNGとされがちなマヨネーズですが、実は低糖質で少量であればダイエット向き。 原料に卵も使われているため、筋肉の元となるタンパク質も補えてバランスアップに役立てられます。

ただし、ドレッシング同様、 低カロリーを謳っている商品には糖分が加えられていることもある為気をつける必要があります。 こちらも成分表をよく確認して購入しましょう。


調味料で太るリスクを減らすコツ


薄味
調味料からの糖質の摂取を減らすには、食材本来の味を薄味で楽しむのが1番です。

食材からとっただしを利用したり、お酢を利用すると味わいや風味も増して満足感が出るのでオススメです。
まずは薄味を基本に、糖質の少ない調味料を味のバリエーションに活用してみましょう。

きっと調味料の選び方、使い方次第でダイエットの成果も違ってくるはずですよ♪


低糖質の調味料と薄味で効率良くスリムに


食事から糖分を摂りすぎると血糖値の急上昇が起こります。 その後膵臓から分泌されるインスリンの働きによって、今度は血糖値が急下降。 その結果すぐにお腹が空くようになります。

また味のバリエーションを豊富にしてくれる調味料だからこそ、 使い方によっては食欲が増進されてどんどん食べ過ぎてしまうことも。

そうならない為にも、まずはダイエットの基本として薄味を心がけること。
その上で、調味料の選び方や使う量には充分留意して、効率よくスリムを目指しましょう!